理想を求め進化した最高峰スピーカー

2004年に登場し、ECLIPSE Home Audio Systemsのひとつの到達点となった「TD712z」。クラス最高峰のスピーカーとして指標的存在となりました。そのECLIPSE Home Audio Systemsの新たなフラッグシップモデルとして誕生したのが「TD712zMK2」です。

TD712zMK2」は、「正確な音」の再生を目指すという開発コンセプトはそのままに、スピーカーユニット、エンクロージャーなどの各部を構成するパーツ、素材の一つひとつを見つめ直し、細部に至るまで、精緻な改良を施しました。その結果、「TD712z」を上回るレンジとパワーを獲得。さらに、ECLIPSE Home Audio Systemsの指標である、インパルス応答の向上も果たしています。機能面においては、音像の明確化と設置性の向上に役立つ角度調整の範囲を、TD712z」の上方10°から、上方12°まで拡大。調整が素速くスムーズにできるよう、作業の簡略化も実現しました。

ECLIPSE TDシリーズスピーカーフラッグシップを冠するに相応しい、「正確な音」の再生と明確な音像」獲得を実現させた「TD712zMK2」。聴衆を魅了するソプラノの高音域のごく僅かな差。ガットを張り替えただけで生じる、クラシックギターの微妙な音の変化。ウッドベースから弾き出される、タイトな低音域のスピード感など、音楽を構成するあらゆる音を、極限まで突き詰めて再生し、音楽の魅力を余すところなく堪能できるスピーカー、それが「TD712zMK2」です。

開発コンセプト

ECLIPSE Home Audio Systemsは、CDやDVDなどのソフトに収録された音の「正確な再生」をコンセプトに開発されました。それは、ソフトに収録されている「音」こそを芸術そのものと捉え、アーティストが演奏に込めた想いを、何も付け加えず、何も消さずに、正確に伝えたい、との考えに基づいています。ECLIPSE Home Audio Systemsの開発コンセプトと、「正確な音」の再生を実現するために採用した「タイムドメイン理論」について、動画で分かりやすくご紹介しています。まずはこちらの動画をご覧ください。

「正確な音」の再生を可能にする
ECLIPSE Home Audio Systems独創の基本設計

スピーカー振動板

正確な音」の再生を実現するには、空気の動きを正確に再現する必要があります。そのため、スピーカー振動板の素材には、高速で前後運動できる強度と密度が要求されますが、それと同時に、素材固有の音色を抑えるために、適度な内部損失も必要です。この相反する課題を解決し、伝搬速度が高く内部損失が大きいという、振動板としての理想的特性を実現するため、ECLIPSE Home Audio Systemsには、シリーズ専用に設計した振動板を採用しています。

ディフュージョン・ステー
(仮想フローティング構造)

スピーカーユニットがエンクロージャーに直接取り付けられていると、高速で駆動させた際、自体の振動がエンクロージャーに伝わって付帯音が発生します。
ECLIPSE Home Audio Systemsは、この問題を回避するため、独自の「仮想フローティング構造」を採用。「TD712zMK2」はスピーカーユニットを、5本の支柱を持つ「ディフュージョン・ステー」に取り付けることでフローティングし、エンクロージャーと分離しました。

磁気回路

スピーカー振動板を高速で前後運動させ、正確な空気の波を作り出すためには、エンジン部となる磁気回路にも、強力なパフォーマンスが求められます。
ECLIPSE Home Audio Systemsは、磁気回路もシリーズ専用設計で対応。強力マグネットの採用やボイスコイルの最適化と同時に、マグネットとボイスコイルのギャップを最小化するなどして磁束密度も強化しています。

振動カットと気密確保

フローティング構造の採用により、スピーカーユニットとエンクロージャーを機械的に分離しても、振動を完全に回避することはできません。
ECLIPSE Home Audio Systemsは、スピーカーユニット、エンクロージャー、ディフュージョン・ステーそれぞれの接点に、不要な振動をカットする特殊な素材を採用しています。 これは同時に、エンクロージャー内の気密確保にも効果を発揮して、 より正確な音の再生を可能にしています。

グランド・アンカー(強固な足場)

スピーカーユニットを高速で駆動させるには、強固な足場が必要です。スピーカーユニットの高速の前後運動を質量でしっかりと受け止める足場として、ユニット後部に円錐形の錨(グランド・アンカー)を接続。素速く動いて素速く止まる、スピーカーユニットの理想的な前後運動を実現します。

エッグシェル・コンストラクション
(卵形エンクロージャー)

スピーカーエンクロージャーは四角い箱型が一般的です。ところが、箱型を形成している角(カド)と平面には、音の進み方に少なからず悪影響を与えるという欠点があります。例えば、スピーカー前面の角(カド)で発生する回折効果や、内部の向かい合う壁面の間で発生する、共鳴や定在波などが、特定の周波数が強調されたり減衰する要因となるのです。
そこで、「正確な音」の再生をコンセプトとするECLIPSE Home Audio Systemsは、卵形ラウンドフォルムのエンクロージャー“エッグシェル・コンストラクション”を採用。剛性に優れ、同一半径面が存在しないので、回折効果、共鳴、定在波を極限まで排除できます。

フラッグシップモデルに投入された最新テクノロジー

エッグシェル・コンストラクション

ECLIPSE Home Audio Systemsは、内部定在波や、前面バッフル角で発生する回析効果を抑制するため、剛性が高く、同一半径面が存在しない、卵形ラウンドフォルムのエンクロージャーを採用しています。
TD712zMK2」は、前モデル「TD712z」より、内部容積を約50%アップ。スピーカーユニットの高速駆動に対する背圧の影響を抑えて、スムーズなストロークを確保しつつ、再生周波数帯域を広げることに成功しました。

制振支持構造

TD712zMK2」のスピーカー部とスタンド部は、3本のスパイクとオリジナルの特殊固定構造で点接触を実現。不要な振動を最小限に抑え、タイトな低音域の再生を可能にしました。また、前モデルよりも簡単に調整できる、角度調整機能も採用。ダイヤル操作で、スピーカー部を上方向0°〜12°の範囲で無段階に調整でき、より立体的な音像再現が可能になります。

スパイク・オン・インシュレーター

正確な音」の再生へのこだわりは、スピーカーからスタンドベースにまで貫かれています。
TD712zMK2」は、不要な振動の徹底排除とタイトな低音域の再生のため、前モデル「TD712z」から独自構造を継承。スパイクとインシュレーターを一体化した独自の点接触構造により、床を傷つけることなく移動でき、アジャストも簡単に行えるなど、高次元の機能が利便性も実現しました。

12cmフルレンジスピーカーユニット

「TD712zMK2」のスピーカー振動板

には、軽量ながら高い剛性と適度な内部損失を持ち、素材固有の音色を持たないグラスファイバーを採用しました。エッジ(振動板の周囲を支える支持材)部分には、コルゲーションエッジを使用するとともに、より正確なストロークの実現のために、ダンパー構造も見直し、前後運動の対称性をアップしました。また、マグネットやボイスコイルの最適化とギャップの最小化を果たし、磁気回路を強化。前モデル「TD712z」に比べ、磁束密度を約10%アップさせ、より正確な音の再生とハイパワーを実現しています。

制振スタンド

前モデル「TD712z」から受け継がれるスリムなフォルムは、球面波となって広がる音の波形を崩さないための、完成された必然の形。素材は、剛性が高く内部損失に優れるアルミを採用しました。さらに、厳正な試聴の結果、制振性能の高さと音質が評価された川砂を、乾燥工程を経て慎重に充填。アルミの特性と相まって、不要な振動の徹底排除とタイトな低音域の再生を実現しています。