最高のサラウンド空間を、手軽に実現する5.1chパッケージ

「TD307THMK2」は、コンパクトクラス最高レベルの正確な音を実現する、エントリーモデルスピーカー「TD307MK2A」5本と、国内外の最高評価を連続受賞した最高峰モデルサブウーファー「TD725SW」のテクノロジーとデザインを継承した、サブウーファー「TD316SWMK2」を組み合わせた、サラウンドの理想型とも言える5.1chパッケージシステムです。

「TD307MK2A」は、直径6.5cmと比較的小口径のフルレンジスピーカーユニットを採用しながらも、上位モデルと同様のテクノロジーを投入。スピーカーユニットの俊敏な動きにより、クラスの枠をはるかに超えたクリアでリアルな音を再生します。さらに、据え置きはもちろん、専用スタンド「307DMK2A」を組み合わせたフロア設置、広範囲な角度調整機能を活かした天井や壁への直接取り付けなど、優れた設置性と取り付け性で理想的な音響空間の構築も自由自在です。

「TD316SWMK2」は、上位機種同様、「R2R TWIN DRIVER」構造をはじめ独創の最新テクノロジーを投入。ハイスピードで正確な重低音を再生すると同時に、動作中のエンクロージャーにグラスを置いても水面が揺れないほど、徹底した制振性も追求しています。さらに、ボリューム、ローパスフィルター、位相切替、モード切替など全ての操作がリモコンで可能です。

クラスの枠を超えた2つのシステムを組み合わせた「TD307THMK2」なら、リビングや書斎などのプライベートスペースに、手軽に、映画館やコンサートホールの臨場感を再現できます。

開発コンセプト

ECLIPSE Home Audio Systemsは、CDやDVDなどのソフトに収録された音の「正確な再生」をコンセプトに開発されました。それは、ソフトに収録されている「音」こそを芸術そのものと捉え、アーティストが演奏に込めた想いを、何も付け加えず、何も消さずに、正確に伝えたい、との考えに基づいています。ECLIPSE Home Audio Systemsの開発コンセプトと、インパルスを正確に再現する独創の技術について、動画で分かりやすくご紹介しています。まずはこちらの動画をご覧ください。