正確な音」をどこでも思いのままに

ECLIPSE Home Audio Systems「TD508MK3」に制振対策を施した専用スタンド「508DMK3」を接続すれば、音質を損なうことなく、設置のバリエーションに広がりが生まれます。
たとえば、オーディオラックやテレビの両サイドへの設置、部屋のコーナーへの設置といった、オーソドックスな使い方のほか、リスニングポイントの背後にサラウンド用「TD508MK3」を増設する場合にも適しています。すっきりとシンプルなデザインは、様々なシーンに自然に溶け込みます。

角度調整機能を活かして理想的な聴取ポイントを追求

508DMK3装着時のTD508MK3
角度調整範囲−10°~15°

たとえば、ジャズトリオの演奏を聴く場合、ピアノ、ベース、ドラムのそれぞれの位置が分かり、まるで目の前で演奏しているように、立体的に聴こえてくることが理想的です。そのような理想的な状態を創り出すために、まずはスピーカーの高さを、耳の高さに合わせるようにしましょう。
スタンド装着時にも、−10°~15°の範囲「TD508MK3」の角度調整機能を使うことができますから、普段のリスニングポジションで聴こえてくる音を確認しながら、最適な聴取ポイントを探り出して下さい。

ワーキングチェアなど座面が高めの椅子に座って聴く場合には、少し角度を上向きに。ソファーなどでくつろぎながら聴く場合には、少し角度を下向きに。スピーカー本体の角度を上下に変化させるだけで、より明瞭な音像が得られます。