Home Audio Systems

ECLIPSEはスピーカーの新時代を作ってきました

「スピーカーの音はデータだけでは評価できない。 結局、どう聴こえるかだ」と言われてきました。
しかし、ほとんどの音楽メディアはデジタルデータで録音されています。
デジタルデータなのに評価できない? 本当にそうなのでしょうか?
私達は、録音された音を「正確」に再生するスピーカーこそ、理想のスピーカーと考え、
「正確」さの正体を徹底的に追求しました。そして―

従来のスピーカーより格段に「正確な音」の再生を実現する、 独創の技術を開発し、全く新しいスピーカーの時代をスタートさせました

開発コンセプトは「音の波形の正確な再生」

オーディオ機器をカメラのレンズにたとえれば、それぞれが透明で元の色(音)を正確に再現するのが理想です。
この「透明なレンズ」の状態を、音響工学的に置き換えると「インパルス応答がインパルスに近い」状態と言うことができます。

オーディオ機器をカメラのレンズにたとえると

理想の音響システムとは

音の波形はインパルスの集合体です

インパルスとは音の最小単位です。 従来のオーディオ指標である周波数特性は、音響情報の一部にしか過ぎません。
しかし、インパルス応答には周波数特性や位相特性、時間情報など、ほぼ全ての音響情報が含まれています。

インパルス応答を比べると

インパルスを「正確」に再現できれば、
音楽の「正確」な再生も可能です

下の図は、録音されている波形と、スピーカーの再生波形を重ねて比較したものです。 スピーカーXは、インパルス応答が正確ではないので、音の立ち上がりと立ち下がりに時間がかかり、音の波形がずれていますが、ECLIPSEは遅れがほとんどなく、元の音に近い波形が描かれています。 この波形は、空気の動きであり、鼓膜(こまく)の動きでもあります。 そう考えると、この波形を正確に再生することが、どれほど重要かおわかりいただけるでしょう。

音の波形を比べると

インパルスを正確に再現する、
独創の技術を導入しました

エッグシェル・コンストラクション

音の波形を乱す要因の一つである角形のボックスフォルムではなく、剛性が高く、同一半径面が存在しない卵形ラウンドフォルムを採用。 内部定在波や、スピーカーボックス前面角で発生する回析効果を抑制でき、音の波形をより正確に再生できます。

オリジナルフルレンジ
スピーカーユニット

インパルスを正確に再現するため、小口径で軽量、かつ剛性が高く、適度な内部損失を持つ振動板を採用。 併せて、強力な磁気回路を搭載し、大口径のスピーカーでは実現しづらい素速く正確なストロークを実現しています。

振動カットと気密保持

より「正確な音」の再生を追求するため、エンクロージャー、スピーカーユニット、ディフュージョン・ステー、それぞれの接点に、振動をカットし、エンクロージャー内の気密確保に効果的な、特殊素材を採用しています。

制振支持構造

3本のスパイクと独自の固定構造で、スピーカー部とスタンド部の点接触を実現。 スタンドは、音の波形への影響を回避するスリムなフォルムを開発し、剛性が高く、固有の響きを抑える素材を使用しています。

ディフュージョン・ステー

スピーカーユニット自体の不要な振動がエンクロージャーに伝わるのを回避するため、スピーカーユニットを、5本の支柱を持つ「ディフュージョン・ステー」に取り付ける、独創の「仮想フローティング構造」を採用しています。

グランド・アンカー

スピーカーユニットの高速前後運動をしっかりと受け止める強固な足場として、ユニット後部に円錐形の錨(グランド・アンカー)を接続。 スピーカーユニットの理想的な前後運動を実現します。

角度調整機能

スピーカー部の角度を無段階に調整して、よりシビアにリスニングポイントを設定できます。 環境に合わせて設置の自由度が広がり、より正確に、録音された空間情報を再現できます。

正確に再生された音は、素速く立ち上がり、立ち下がります

不要な響きを加えずにインパルスを正確に再現できれば、
音は正確に、素速く立ち上がって立ち下がり、キレの良い「正確な波形」が再生できます。

すると、聴こえ方はどう変わるのでしょうか?

トップアーティストの技が鮮明に聴こえてきます

音の立ち上がりと立ち下がりの素速さ、音程の正確さは、演奏家の力量がはっきりと表れるところです。
ECLIPSEのスピーカーなら、1つひとつの音のキレの良さ、そして演奏表現力の幅の広さなど、
名演奏の醍醐味を存分に味わうことができます。

音のキレを比べると

銘器の音色の素晴らしさがはっきりと聴き取れます

空気がいっぱいに入ったバスケットボールを叩くと、表面素材が空気を弾く加速度により、パン!パン!とキレの良い音がします。 ストラディバリウスやスタインウェイなど、アーティストがこだわる銘器の張りのある音色も、楽器が空気を素速く弾けていることが大きな要因です。つまり、スピーカーが素速く空気を動かし、止めて、素速い音の立ち上がりと立ち下がりを再生できなければ、銘器の音色の本当の素晴らしさを再生することはできないのです。

楽器の音色をバスケットボールにたとえると

ECLIPSEはアーティストの想いを再生します

スピーカーの多くは、重低音や高音の伸びなど「周波数特性」に軸を置いています。しかし、真の「正確な音」を追求するには、音の立ち上がり・立ち下がりという「過渡特性」も重要なファクターととらえ、アーティストがこだわる演奏技術や音色の、よりリアルな再生に力を入れて、開発・改良に取り組んできました。 その結果、微細な音までクリアに聴こえる「明瞭性」、録音された位置情報まで描き出す「空間再現力」、キレの良い演奏のリズムを再現する「スピード感」を併せ持つ、ECLIPSEだけの「正確な音」の再生を実現。 アーティストが演奏に込めた熱い想いまでも再生することが可能になりました。

これこそが、ECLIPSEが世界トップクラスの
ミュージシャンやレコーディングエンジニア達から
高評価を受けている最大の理由です

お届けできるのは、たとえばこんな楽しみ方です

オーディオファンのあなたへ

アーティストやエンジニアの超絶技巧がはっきりと聴き取れ、立ち位置や会場の雰囲気までもリアルに再現された、本物のHi-Fi(高忠実度再生)の世界を体験できます。

サウンドクリエーターのあなたへ

自分で録音したのに今まで気付かなかった、デリケートな音までも再生でき、作品の質や素性がよくわかります。

PCやタブレットのスピーカーをお探しのあなたへ

たとえば語学学習に利用すれば、微妙な舌の使い方や口の開き方なども明瞭に聴き取れて、効果的に正しい発音を感じ取ることが可能です。

ミュージシャンのあなたへ

トップアーティストの演奏がディテールまで再生されるので、演奏技術を耳から学んでスキルアップを図れます。

BGM派のあなたへ

「楽器が本来持つ心地良い音色」「癒やされる自然な音」「会話のじゃまにならず隅々まで届く音」が、リビングでのおもてなしをランクアップしてくれます。

耳が遠くなったとお感じのあなたへ

微細な音までクリアに聴こえる透明な音質だから、TVに接続すれば、ボリュームを上げ過ぎずに音声が聴き取りやすくなります。

開発コンセプトムービー

ECLIPSE Home Audio Systemsの開発コンセプトと、インパルスを正確に再現する独創の技術について、ムービーで分かりやすくご紹介しています。

世界のトップクリエーターが、
リファレンス・スピーカーとして愛用しています

スピーカーの母国イギリスをはじめ、
国内外で数々の最高評価を受賞しています

受賞履歴を見る